Awtumn

先日地元へ帰省し、母校の前を車で通りかかった時にふわり…金木犀の香りがした。

神奈川ではだいたい9月の終わりごろから10月の中頃には時期が終わってしまう金木犀だが

短い期間でもその香りを嗅ぐと、秋の始まりをとしっかり感じさせてくれる。

また、私にとっては小学校の運動会や、地元の大きな秋祭りの記憶が蘇る、思い出深い香り。

散策をすると、様々な花や実が秋空に映える

そのことを父、姉に話すと「何を言っているんだ!この時期、この場所と言えば鼻をつんざくあの銀杏の匂いだろう!」と二人から一斉に猛反論がきた。(笑)

「いやいや落ち着いてくださいな2人とも。確かに銀杏の匂い、うん、わかるわかる。だけど金木犀が香ったって良いじゃないか!」…食い下がる私。

帰省早々、秋の香り談義に花が咲く。

母校は川沿いに面し、銀杏並木が上流の方向へ続いていて、9月中頃から銀杏の葉も黄色に色づき始める。

ちょうど秋祭りの頃は多くの人が歩き、落ちた銀杏の実が潰れるので、あの独特な香りも川沿い一帯に漂うのだ。

食欲の秋、読書の秋、運動の秋

色んな「秋」があるわけだが

香りもまた、秋の風物詩の一つなのかな、と改めて感じた。

皆さんの思い出の秋の香りは、なんですか?

and.

関連記事